別れが教えてくれたこと

別れが教えてくれたこと

皆さん、こんにちは(^^)

魂を癒す直感ライフコンサルタントの瑠美です。

台風が去り、一気に秋になってしまったような
そんな埼玉県からお届けしています。

夏休みは全国紙芝居まつりの川越から始まり

翌日から長崎へ行き

今週は白川郷へ行ってきました。

毎日地元で見る空や景色も最高ですが
時々出かけて、普段見ない景色を見るのも
心の栄養になるなぁ。

そんなことを思いました。

さてさて、実は今月
私にとって、大きな別れがあります。

私はサロンを経営しているのですが
個人事業主から法人化したタイミングで
初の社員として入ってくれたスタッフが

9月23日で出勤最終日となります。

子供が2人居るスタッフで、2人とも未就学児なのですが
このタイミングで、海外に移住したい。

という申し出がありました。

この話を聞いてから、3か月後には旅立ちたいということで
3か月というのに驚きはしたものの

それが彼の意志であるなら大切にしたいと思い、

「いいね!行ってこーい!」

と伝えました。

あれから2か月半がたち、いよいよあと2週間でお別れとなります。

やりたいと思ったことを、やる。
これはとても大切なことです。

失敗するかもしれないけど、とにかくやってみる。

私もそういう風に生きてきたので
応援するだけです。

寂しさはありますが、泣きながらも
笑顔で見送ります。

海外移住を決めた彼が
再度気付かせてくれたこと。

私は、私が選んで日本に居るのだ。

ということです。

短大卒業後、大手エステ店に入社して
癒しのマッサージに魅せられて、ハワイとタイへ修行に行ったときのこと。

ハワイにずっと居たいと思いましたが
日本について
「な~んて美しい国なんだろう」と思いました。

四季がある日本は、気温差で咲く花の色が変わります。
自然の色の移り変わりが
なんとも言えず、最高に美しいのです。

当たり前だけど、日本に居る時には、気付きませんでした。

成田空港で
「ただいまぁ。ありがとう。これからもよろしくね」
と日本に言いました。

タイでは私、モテモテでしたが(笑)
帰ってきた時は
一人静かに、甘くない美味しいアイスコーヒーを飲み
「ただいま、ふるさとよ」
と日本に言いました。

その後、ハワイの経営者の方から一緒に仕事をしようというお誘いをいただきましたが

当時まだ若かった私は
燃えるように

「今はまず、日本の皆さんを元気にしたいんです!」
と言ってお断りすると

彼女は笑いながら
「日本には瑠美さんが必要ね!」

と言ってくれました。

私は日本に居ることを選んだのです。

日本で生まれて、日本で過ごしていると
日本で生活するのが当たり前のように感じますが

別に、囚われの身で居るわけではないのです。

本当に嫌なら、それが海外であろうと
引っ越しをしているのだと思います。

海外で生活することを諦めているのではなく

日本で生きることを

私たち、1人1人が選んでいるのだと思っています。

だから、日本で生まれたとしても
日本ではないどこかで生きたいなら
そうすればいいのです。

その人の選択だから、自由でいいのです。

感謝しながら生きて
地球や宇宙に感謝していたのに

日本に感謝することを忘れていたな~。

と、思い出すことが出来ました。

ありがとう!日本!

これに気付いただけで
毎朝起きた時のワクワク度が

8ポイントほど、上がりました!

「今日も幸せです。ありがとう!」

単純な自分にも、感謝です。

何のために命を使うか。

使命。

それは、どこに居ても
誰と居ても
果たすことが出来ます。

☆愛
☆赦し
☆信念
☆情熱

を胸に

私は、今日も
日本で使命を果たしつつ
生きていきます(^^)

皆さんは

何に命を使っていきますか?

今日も、奇跡の1日を楽しんで過ごしてくださいね☆

それではまた!

瑠美

関連記事

  1. 憧れの人

  2. 儚さ

  3. ミラクルワールド

    ミラクルワード

  4. ☆芽吹きの時期に集客しよう!

  5. 幽心離脱しておりました

  6. ワクワク vs 謎の根性論w

  7. 事故に遭うのを選んだ?!

  8. 変化を楽しむ心の余裕を持つ