自分時計

私は数字が好きなので
55だとGO GO!だなって思います。

前を走っている車のナンバーを
無意識に見るのですが

5296だと、コブクロが好きなのかな?

とか

波乗りに行くと
1173の人が多くて
(いい波)

地元で1173を見ると
波乗りが好きな人なのかな?

とか思います。

こんな風に数字を見ているだけで
テンションの上がる私です!

なんて幸せなんでしょうか(笑)

今日は6月最後の日ですね(^^)

6月30日とか
五十日(ごとうび)とか
何時何分とか

毎日の暮らしの中で
必ずなにかしらの「数字」に触れていると思います。

どんどん流れていく時間だからこそ
こういう数字の区切りがあると
暮らしやすいなって思っています。

私自身、人生があまりうまくいっていない時
少し焦りもあったので
慌てないで済む考えってないかな~って
考えた事があります。

もし、今
やりたいけど取り掛かるガッツがないとか
逆に頑張り過ぎて疲れるのにやめられない
っていう方にオススメしたい考え方です。

それは
「人生の自分時間です」

これは
「自分の人生を時計で考えると
 今何時何分頃かな」って考えてみます。

この自分の人生の時計時間のルールは何もありません。

1時間が実際にどれくらいの時間でないといけない
とかもありません。

あなたの感覚だけで
自由に考えます。

例えば、取り組んで頑張っているけど
なかなか成果が出ない時期が半年ほど
続いているとします。

そしたらそうか。
今は朝の4時だった。

本当はとっくに寝ていていい時間だから
こんな時間に無理しても
うまくいかないよな。
よし寝よう!

とか考えて
いったん休んでみたり
気分転換してみます。

そんな風に考えるだけで心に余裕が出来て
新しいひらめきが生まれたりします。

あとは、頑張り過ぎて疲れているなら

今は人生時計の21時。

そろそろ休んでいいじゃないか!

そんな風に考えるだけで
パッと休息に向かうことが出来たりします。

人は繰り返ししていることが癖になったり
やめられなくなったりすることが
多々あります。

それが習慣になって
自分を苦しめている時があります。

人生の時計時間の考えを使うと
そういう習慣から
楽に離れることができます。

どんな感情でどう過ごしても
1日は24時間。

ずっと続いて欲しいと思うような時間でも
時間は過ぎ、夜が来て
朝が来ます。

楽しくても、辛かったとしても

一旦終わりや節目を迎えて
リセットできるからこそ
また前に進めるんだと思います(^^)

もしあなたが
「思うようにいかないな。やだ~」とか
「いつ終わるんだこれ」って思う事があったりしたら

人生の自分時間を考えてみてください。

そして、無意識のうちに出来ていた
あなたを苦しめている習慣に気付き
それを変えていってくださいね☆

あなたのこれからは
あなたが自由に作っていけます!

関連記事

  1. 憧れの人

  2. ◆◆経営者メンタル!

  3. 【愛の詞】

  4. すぐに心を楽にする方法

  5. ゆとりをもって年末年始を過ごす方法

  6. 輪廻転生はしない

    輪廻転生はしない

  7. SAERU

  8. 儚さ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。