なぜ私がメッセンジャーなのか後編

今日は前回の続き
なぜ私がメッセンジャーなのか?後編をお届けします!

私はこの故人の想いをお伝えするメッセンジャーの仕事を2年でやめました。

理由は3つです。

1、1回90分で3キロ体重が落ちる→エネルギーの消耗が激しい
2、90分内に発言した言葉を殆ど覚えていないので後で聞かれると答えられない
  (友達がいつも付き添ってくれてメモを取ってくれていましたが、詳細までは書ききれていない)
3、生きている時間が大事だと再確認した

この、3つ目の理由は私の中で日に日に大きくなりました。

ご遺族が、故人の想いを聞いたところで
故人が生き返るわけでもありません。

ご遺族が望む答えではない時もあります。

それより、生きているうちに
なるべく後悔のない生き方をしていく方が
大事だと痛感したのです。

私がハピスマで
初級、中級、上級、自己超越と分けているのは理由があります。

初級では自分の現状を把握して
悩みや後悔、怖れ、悲しみ、怒りなどをなるべく早く手放せるようにし

中級で今を生きる大切さを知ったり
感謝の気持ちを思い出せるようにしたり
脳科学も使って、自己犠牲しない、自分らしい生き方の目標を見定めます。

上級編では、願望実現を容易にするために
心理学や量子力学も使用しながら
安心感や繋がり、自分を好きになり
愛を深めたり、広げていく心を作っていきます。

これらのことは、正しい順番で
ある程度の時間をかけてやるからこそ
変化することができ、変化を継続することが出来て
人生を変えていくことができるようになっています。

18年間カウンセラーとして活動してきて
全員の方に共通しているたった1つのことがあります。

それは、答えは自分の中にある。

ということです。

どんな答えであっても
あなたの中にあります。

毎日の中で、無意識に習慣化されているもの
今まで生きてきた過程で作られたもの
学校教育、社会での同調圧力

そういったもので、知らないうちに心に鎧を着せ
重たささえ感じずに生き

自分自身が見えなくなり、

心がマヒし

幸せや好きな事がなになのか?
本当は自分が何をしたいのか?
生き甲斐は何か?
仕事をしない自分の価値はどこにあるのか?

沢山の大事な事が見えなくなる。

家族や大切な人をないがしろにしても仕方ない理由を探し
家庭内不和をそのままにして

稼いでいればいいのだと思い込む。

生き抜いていくには仕方ないと決める。

それはあなたが望んでいることなのでしょうか?

私はあなた自身が持っている答えを見付けられるように
あなた自身から発信されているメッセージをお伝えしていきます。

そして沢山の気付きの中
あなたが答えを見付けられるようにしていきます。

私が答えを言わないのは
セミナーの時間以外でも
答えにたどり着けるよになるためです。

一生懸命生きていると
自分では自分のことが分からなくなったりすることがあります。

無理してしまうこともあります。

ありのままは難しいと感じる方もいらっしゃいます。

私もそうでしたが
1人で取り掛かると、時間がかかります。

私たちの体や心は
私たちが考えている以上に沢山のことを感じ
私たちを守ろうとし
疲れてしまっていることがあります。

怖れや不安などから解放され
溢れんばかりの幸せや平和を感じられる日々に変わっていくことは
可能です。

この幸福感を、出来るだけ沢山の方に味わってもらいたいな。

そう思います。

とにかくがむしゃらに頑張るとかの方法論「どうやるか?」
でもなく
好きな事をやろうねの「何をするか?」でもなくて
もう頑張らなくていいよ。「願えば叶うよ」でもなくて

何をしても、毎日に幸せを感じてしまう。
どう在るか?の在り方をお伝えしていきたいと思っています。

今年のハピスマセミナーの空きは残すところ12月のみ!
人生を変えていきたい!と思う方はいらっしゃってください☆

関連記事

  1. 受け継がれるもの

    受け継がれるもの

  2. あなたが使える魔法

  3. はじめまして!

  4. なぜ私がメッセンジャーなのか 前編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。