来店周期を短くする方法♪

おはようございます(*´▽`*)

パックによる赤みが
あと残すは「おでこ」だけになってきた

幸せサロン経営の美波瑠美です。

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
1ヶ月15日休んで
1人100万売り上げる幸せサロン
★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

毎日同じことがありますが

同じ日は無くて

変わっていないようで

変わっていたりします。

人生は相互作用で作られているので

もし、自分がそれほど変わってないよ

って思っていても

少しずつ変わっているもの同士が交わると

違う反応が起きたりして

とっても面白いです。

あなたも日々変わっていて

経営の勉強をしていなかった頃とは

全く違うと思うのです。

だから、前向いて

進んでいきましょう!

さてさて、今日は

来店周期を短くする方法について

お話ししていきます(*^^*)

お客様に「アドバイス」として
例えば整体院だったとしたら

「これくらいの周期で  通っていただけると
お悩みの腰痛を改善でき
ぎっくり腰も予防できますよ」

とお伝えするのも

もちろん大切なのですが

他にも出来ることがあるんです!

例えば、お客様全員に
「1か月後またご予約取ってください」

とお伝えしても
100%の方がご予約を入れてくださるなんて
まずありません。

「まだシフトが決まっていないんです」

「予定が決まったら」

こんな風に言われることも多いと思います。

それでは、気分を楽にして

少し、離れたところから考えてみましょう!

例えば、あなたがふと入ったレストラン。

雰囲気も最高。
料理も美味しい。
値段もちょうどいい。

「よし。また行こう!」と思ってお店を出たとします。

それじゃぁ、そのお店って絶対にいきますか?

あなたの暮らしにはいろんなことがあります。

サロン経営。
家事。
もしかしたら子育て。
買い物。
友達との時間。
恋人、家族との時間。
両親との時間。
勉強の時間。
休む時間。
ドラマにはまる時間。
音楽を聴く時間。

様々なことをしています。

その中で、レストランのことを忘れずに
ずっと過ごすことができるでしょうか?

忘れてしまうのが普通だと思うのです。

そう考えると

あなたのサロンを気に入ってくださったお客様が

四六時中あなたのサロンのことを考えてる

と思うのは
少々無理があると思いませんか?

その忘れてしまっている時間の中で
他の予定がどんどん入り

結果としてあなたのサロンに来る時間が無くなってしまったとしたら。

それは仕方ないですよね。

でもです!

ここで、あなたはやれることがあります。

お客様に
「私のサロンを忘れないという約束をしてください!」

ということは出来ませんが

思い出してもらうことはできます。

なんだと思いますか?

そうです(*´▽`*)

お手紙を書きましょう!

メールでもラインでも構いません!

お客様と連絡を取って
せめて、サロンを思い出してもう努力をしましょう!

私のサロンでは
決まった日数でハガキを出し

それでもご連絡のなかったお客様に

手紙を出す日数も決まっています。

出そうかな?
やめようかな?

なんて考えません。

予約が入っているかどうかの1点に尽きます。

お客様が
サロンを忘れていて1か月後に連絡を取れば

そこから
お客様の予定とサロンの予約調整に入ります。

もしかしたら、半月後
長ければ1か月後になってしまうかもしれません。

サロンを気に入ってくださっているお客様だったとしたら

予約をなかなか取れないのは

残念なことだと思います。

あなたもお客様にサロンを忘れられてしまわないように

しっかり再来店対策をして

売上げ・利益を上げていってください!

あなたなら出来る!

再来店率を上げて幸せサロンにする!

これがめちゃんこ大事!(*^^*)

一緒に幸せサロンの経営者になりましょう(^_-)-☆

またメールします。

美波瑠美【サロン経営】

関連記事

  1. 「風が連れて行ってくれる速さでしか進めない」

  2. ホットペッパービューティーの正解

  3. サロンのファンを作る「おもてなし接客とは」

  4. 出る派?こもる派?

  5. ○○できないのが1番怖い( ;∀;)

  6. アロマフレスカ最高♪

  7. 【春の土用がやってきた♪】

  8. 安心感を手に入れる